会社情報

「食」と「動物たちとのふれあい」を通して豊かな暮らしを

コンパニオンアニマルは、より良い生活を共に送る重要なパートナーとなっており、コンパニオンアニマル自身も健康寿命の長い、質の高い生活を送ることが求められています。また、畜産分野においては、世界人口が増え続ける中、地球規模での食糧需給のバランスが崩れつつあり、安全かつ生産性の高い食糧生産が求められています。

エランコは、米国インディアナ州に本社を置く世界的な製薬企業、イーライリリー社の一部門として1954年に設立され、1965年から日本でも活動を始めました。

エランコは、革新的なソリューションを提供することによって、ビジョンである”「食」と「動物たちとのふれあい」を通した豊かな暮らし”の実現を目指しています。より有効で経済性も満たす製品の開発・供給を通して、消費者が安心して楽しめる「食」づくりと、効率的で持続可能な食糧需給に貢献していきます。また、人とコンパニオンアニマルの”絆”を深める仲介役としての役割を高めて行きたいと願っています。エランコは以下のビジョン、ミッションをさらに強化し、お客様との約束を果たしていくことによって、より豊かな生活に貢献していきたいと考えています。

Our Vision - 私たちのビジョン

"Food and Companionship Enriching Life"

「食」と「動物たちとのふれあい」を通して豊かな暮らしを



エランコのあゆみ

1954年イーライリリー社は人体薬以外の分野での事業展開のため、農業と工業用製品の部門をA&I事業部として独立。
1960年A&I事業部からエランコ製品事業部として再編成。
1965年日本での営業活動を開始。
1970年代海外事業を拡大させ世界38事業拠点と17の製造工場を保有。家畜の飼料効率の改善や疾病制御ための新製品を開発。
1980年代研究開発において、植物科学から、よりアニマルヘルス分野への投資にシフト。
1990年代エランコ製品事業部は、エランコアニマルヘルス事業部と改名。アニマルヘルス分野に特化した事業運営を開始。
2002年畜産分野のワクチン企業2社を買収。
2007年ファーストインクラスとなる寄生虫薬を上市させ、コンパニオンアニマル分野への事業展開を開始。 Ivy Animal Healthの事業買収。
2008年Heifer Internationalとのパートナーシップを開始し、乳牛部門を強化。
2009年エランコナレッジソリューション(EKS)を開始。
2011年Heifer Internationalとのパートナーシップを強化。 Janssen Animal Healthを買収し、ヨーロッパでの事業を強化。
2012年ChemGenを買収し、飼料用製品を強化。
2013年AgriStatsを買収。また、ワクチン事業を強化。
2014年Lohmann Animal Healthを買収し、養鶏分野でのワクチン事業を強化。ノバルティスアニマルヘルスを買収し、コンパニオンアニマル分野、畜産分野、ワクチン、水産分野を強化。