タイラン 水溶散
(タイロシン酒石酸塩)

[抗菌剤]
マクロライド系
Micotil logo. Blue.

ミコチル300 注射液
(チルミコシン塩基)

[抗菌剤]
マクロライド系

ミコラル 経口液
(チルミコシンリン酸塩)

[抗菌剤]
マクロライド系

動物用タイラン 200注射液
(タイロシン塩基)

[抗菌剤]
マクロライド系
Rumensin logo on orange

ルメンシン 200
(モネンシンナトリウム)

[抗菌性飼料添加物]
第1欄 モネンシンナトリウム製剤

ベコクサン
(ジクラズリル)

抗コクシジウム剤
calibrin az logo

カリブリンA, カリブリンZ

[混合飼料(カビ毒吸着剤)]
Nepolex logo in black.

ネポレックス (KSG2、SP50)
(シロマジン)

[農場衛生製品]
ハエ幼虫発育制御剤
blue Agita logo on invisible background.

アジタ (1%粒、10%溶解用)
(チアメトキサム)

[農場衛生製品]
ハエ成虫駆除用殺虫剤
sanmako logo, red.

サンマコー (粉剤3%、水和剤75%)
(カルバリル)

[農場衛生製品]
カーバメイト系殺虫剤
Ranirat in blue.

ラニラット
(ブロマジオロン)

[農場衛生製品]
第2世代クマリン系殺鼠剤
vipeout in blue

ワイプアウト
(ペルオキソー硫酸水素カリウム、塩化ナトリウム)

[農場衛生製品]
殺ウイルス・殺菌消毒剤


動物用タイラン 200注射液
(タイロシン塩基)

[抗菌剤]
マクロライド系

黄色ブドウ球菌(SA)などによる難治の乳房炎対策に確かな選択肢
タイロシンはイーライリリー社研究所が、タイ国の土壌より分離した放線菌の一種であるStreptomyces fradiaeのタイロシン産生株の発酵により製造した動物専用のマクロライド系抗菌剤で、現在タイロシン注射液はタイラン注射液の名称で米国・欧州を含む世界各国で承認・販売されています。

(1) ユニークな抗菌活性
 ・ 乳牛における感染症の主要起因菌であるブドウ球菌、レンサ球菌の他、牛や豚の肺炎起因菌であるマイコプラズマ、その他の菌に優れた抗菌力を示します。
(2) 優れた薬物動態
 ・ 組織移行性に優れており肺組織や乳汁中に高濃度に移行し、かつ長時間持続するため、肺炎・乳房炎などの疾患に優れた効果が期待できます。
 ・ 生体免疫を担う、肺胞マクロファージ、乳腺マクロファージ、好中球への高い移行性があります。
(3) 裏打ちされた実績
 ・ タイロシンは国内外において40年以上臨床領域で実績があり、一貫した効果が報告されています。
(4) 黄色ブドウ球菌(SA)などの乳房炎対策として
 ・ 治療の難しいとされているSAによる乳房炎の対策として効果が報告されています。
 ・ 乾乳期の乳房炎対策として応用でき、とりわけSA対策での効果が報告されています。
*製造販売元:日本全薬工業株式会社

動物用医薬品 要指示医薬品 指定医薬品 使用基準

効能効果
[有効菌種]
マイコプラズマ、キャンピロバクター、豚丹毒菌
本剤感性の次の菌種: ブドウ球菌、レンサ球菌

[適応症]
牛: 肺炎、乳房炎、子宮内膜炎
豚: 肺炎、豚丹毒、細菌性下痢症、細菌性関節炎

用法用量
1日1回、体重1kg当たりタイロシンとして下記により筋肉内に注射する。
牛: 4~10mg(力価)、1~5日
豚: 2~10mg(力価)、1~3日

包装形態
100mL